ぼんママぶろぐ

ぼんママによる子育てブログです。日々の発見した事をゆるめに綴っていきます。

卒乳の方法はおっぱいを忘れさせることが1番!卒乳までの道のり

      2017/01/09

卒乳の方法はおっぱいを忘れさせることが1番!卒乳までの道のり

保育園入園を期に卒乳を考えているママも多いかと思います。

私もその1人です。

でもね、息子おっぱいが大好きなんです。

前の記事でおっぱいのメリット/デメリットについてまとめました。

完全母乳育児のメリット・デメリット。母乳にだって、デメリットがある!完全母乳育児のメリット・デメリット。母乳にだって、デメリットがある!
私は先日紹介した「ミルクアップブレンド」にすがるほど、完全母乳に拘りました。 ミルクを与えるのに抵抗があったわけでは...

まとめながら気づいたことは、保育園入園を期に卒乳もしくは断乳することって完全な親都合ですよね。

だって、1歳過ぎてもおっぱいの栄養素ってゼロではないし、何といってもオキシトシン効果は何にも変えられないものだからです。

考えた結果、離乳食(というか我が家は既に普通食・・・)の食べムラがある時期は決心がつきませんでしたが、現在はモリモリ食べてるし栄養的には問題なし!

あとは、安心できるようにスキンシップを増やそうと思い、少しずつ卒乳に向けて動き出しました!

スポンサードリンク

卒乳を考え始めたら・・・

まず以下2つを実践してみました。

規則正しい生活をすること

1日3食+捕食のおやつを決まった時間に食べさせて下さい。

空腹感を感じてしまうとおっぱいを思い出してしまうので、まだ集中力が継続しない時期で大変だとは思いますがきっちりと食べさすことが大事です。

それと昼寝!

必ずお昼頃~2時間程度が理想です。

午前中寝てしまうと夕方も眠くなってしまうので、昼食後のお昼寝をおすすめします。

外出する時間・遊びの時間を増やすこと

興味をおっぱいから他のものにいくように仕向けるのです!

お外には刺激がいっぱい!

歩き出したら公園遊びなんて最高です。

お友達と一緒に遊ばすのもいいですね。

ただし、まだ授乳中のお友達と遊ばせるのは危険です。

おっぱいの存在を思い出しせがまれてしまいますよ。

この2つを根気強く続けたら、お風呂+夜(夜中も含む)以外の授乳はなくなりました!

昼寝は、元々添い乳じゃなくだっこもしくはおんぶでしていたので、そこはそのまま継続です。

スポンサードリンク

添い乳以外で寝かしつける方法

昨日まで添い乳だったのに急に乳なしで子守唄+お腹トントンに変えた日は大号泣でした。

そりゃそうですよね。

安心材料がなくなってしまったのですから。。。

とりあえず寝かしつけの添い乳継続で、以下の通り実践してみました。

夜中の授乳をなくす

息子は頻繁に夜泣きして起きてしまう子です。

寝かしつけ同様おっぱいなしで夜泣きを収束できるか不安に思いながら決行しました。

開始した時期は1歳2ヶ月だったのですが、これが意外に夜泣きしても乳不要で寝てくれたんですよ!

夜泣きが凄いときは無理せずに授乳しましたが、3日程度ですんなり夜中の授乳はなくなりました。

こんなに簡単だったとは・・・

もちろん、しっかり食事を食べるようになったのも大きく影響していると思います。

ついでに夜泣きの頻度も減りました。

寝かしつけは1日の行動次第!コテっと力尽きるくらいたくさん遊ばせよう!

昼寝をは1日1回昼食後2時間~2時間半程度まで。

午前中はしっかり公園や支援センターで遊ばせる!

これを徹底させたら、電気を消して静かにしているといつの間にか力尽きて寝てくれるようになりました。

息子は音がすると気になってすぐドアを開けて遊びに繰り出してしまうので、とくかく暗くて静かな空間が何より大事です。

順序立ててやってきたので、寝かしつけは集大成のような気分でした。

お風呂の乗り越え方

さて、ここが私の悩みどころ。。。

最大の難関は寝かしつけだと思っていましたが、息子にはお風呂でした(笑)

おっぱいを見るとすぐ吸い付いてくるのです。

もう少し月齢が高かったらお話したり、おっぱいにバッテンとか色々と出来るのでしょうが、息子にはまだ理解出来ません。

1番いい方法はね、分かっているんです!

パパに入れてもらえばいいのです!!

だけど、パパが毎日お風呂に入れてあげるってなかなか不可能なことで。。。息子も大泣きだし。

私の卒乳までの道のりは・・・まだ続きます~

スポンサードリンク

【おまけ】娘の卒乳の時にお話

娘も完母でしたが、1歳になった頃には既に夜の寝かしつけ時だけ授乳すればOKな子供でした。

元々食べるより遊ぶことが好きな子だったので、おっぱいにも執着がなかったのです。

そんな娘、1歳2ヶ月の時に手足口病になりました。

口中にブツブツが出来て相当痛かったんだと思うんです。

だからね、おっぱいを吸うのも不快だったようで、病気になった途端全力で拒否するようになりました。

これが娘の卒乳です(笑)

まさか、まさかのちょーあっさり♪

でもね、娘は卒乳の少し前から『耳たぶを触る』という行為に何よりも幸せ&安らぎを感じるようになっていました。

卒乳があっさりだったのは、代わりのものを見つけたからなのでしょうね♡

娘はもうすぐ6歳になりますが、未だに耳たぶは大好きです。

母乳育児完母を目指したいママへ。母乳が増えるハーブティー『ミルクアップブレンド』
母乳不足を感じたことはありませんか? もちろん余るほど出る、出すぎて困っているママもいるとは思いますが、一度は母乳不足を感じ...

 - 育児