ぼんママぶろぐ

ぼんママによる子育てブログです。日々の発見した事をゆるめに綴っていきます。

年少からスイミングを始めたら、小学1年生で4泳法出来るようになった!

   

005TSURUTAMA17529_TP_V
1番最初の習い事は、『スイミング』という子供多いですよね。

年少からスイミングを始めた娘の成長についてまとめました。

スポンサードリンク

年少時代(4歳) 水慣れ〜バタ足

入会してばかりの頃は水遊び的な感じで、

とにかく楽しくて仕方がない‼︎といった様子でした。

スイミングやりたい!と言ったのも娘なんですよ!

でも、バタ足のクラスになった時のコーチと相性が合わず、1度目のプール行きたくない病が始まりました。

この頃、中耳炎も重なり、、、とにかく負の連鎖。

あまりにも泣くもんだから、クラス変更をしてみました。

おばさんコーチからお姉さんコーチになったら、

段々と苦痛じゃなくなったようで笑顔で通えるようになりました。

トントン拍子で進級をしたけれど、キック力が足りず初めて進級テストに落ちたのが年少の終わり頃。

こんなに泣くか?!と思うほど、たくさん泣きました。→本当負けず嫌い(笑)

年少の終わりには、25メートルをビート板使って顔をつけながら泳げるまでに成長しました。

年中時代(5歳) クロール・背泳ぎ

年中は、とにかくクロール!!

クロール、クロール、たまーに背泳ぎという感じでした。

ビート板付きだったのが、ビート板なしでも泳げるようになりました。

しかも、腰につけるヘルパーも外れ、身ひとつで!

娘は小顔な方だけれども、それでも幼児なので、体の大きさに比べて頭が重たいです。

頭が重たい分、どうしてもキック力が弱いと沈みがちになってしまいます。

見ている方は、苦しそうだなぁ〜と思ったりもするのですが、意外に本人はへっちゃらな感じでした。

背泳ぎはマスター!

クロールはヘルパーなしで泳ぐ練習までいきました。

年長時代(6歳) クロール・平泳ぎ・バタフライ

クロールは、春先でマスターして、今度は平泳ぎです。

バタ足ではない泳ぎ方に最初は苦戦してたものの、今では1番好きな泳ぎ方になりました。

平泳ぎも週1で通って半年ほど。

そして、ついに冬にはバタフライの練習に入ることができました。

母も出来ないバタフライです。

もう、娘にこうだよ!と教えてあげられません。

元々キック力があまり強くないので、かなり苦戦しながら、ついに小学1年生になりました。

スポンサードリンク

小学1年生(7歳) 4泳法の最後!バタフライ特訓中・・・

現在、バタフライに苦戦してます。

バタフライばかりやっていたら、今度はクロールも平泳ぎも背泳ぎまで下手になるという…

娘もあまりにも進級テストに落ちて周りに抜かされていくので、

モチベーションも低下してます。

スイミング辞めたい…というほど。

辞めたい病は何度かあったのですが、パパとママでフォローすることによって

その都度乗り越えてくれていました。

でも、今は娘のやる気は体操に向かっています。

だからといって、ここまできたらある程度のスピードで泳げるまでにならないと

勿体無いと思ってしまうのです。

スイミングがつまらない…という娘のために、一か八か短期教室に入れてみました。

既に泳げるはずのクロールマスタークラスです。

全体的にフォームが崩れてきているのでその修正と、

クロールをやっていた時代はうまくなるのが嬉しくて楽しくてしょうがなかった時期だったので、

あの頃を思い出して欲しくて。

もちろん、短期教室の中では完全に娘が1番上手です。

ちょっとおかしいですが、自信にも繋げて欲しかったのです。

バタフライのクラスなのにクロールの短期教室に申し込んだことは、

コーチからも不思議に思われました。

わざわざ電話もかかってきて…

そのおかげで、クロールクラスだけどフォーム矯正が出来たら、

バタフライの練習も取り込んでもらえることになりました。

ほぼ個人レッスンに近い人数!

あっとゆーまにクロールはグンッとうまくなりました。

娘も短期教室は楽しい!と行くのを楽しみにしてくれています。

沈みがちなバタフライもたまに水面で泳げるまでになっています。

いつもの大人数の中では上達しなかった娘がみるみる変化していくので、

個人レッスン(少人数)の凄さを感じました。

そんなこんなで今はちょっとスイミングに対するモチベーションは上がってはきたけど、

やはり体操熱が凄いのでいつ辞めても構わないようです→おぃ!!

<おまけ> プールで遷った水イボ

ビート板でバタ足の練習が始まった頃から、娘の腕に水イボが出来てしまいました。

別に痛くも痒くもないものだけど、本人的にはかなり不快のようでした。

皮膚科に連れていくも、この程度の大きさなら時間はかかるけど免疫が勝つのを待ちましょう!とのこと。

それから1年…全く治りません。

ある日スイミングが終わってから娘の身体を見たら、水イボが沢山潰れていました。

急いで皮膚科へ!

私は潰れたせいで、周りにとびひしちゃったらやだな〜と焦っていたのですが、

先生は『ここまできたらもうちょいだな〜』と反対の反応でした。

塗り薬は処方されたのですが、

1度潰れたところはその後イボになることはなくそのまま消滅していきました。

完治まで1年3ヶ月!!

1度水イボに勝った免疫を手に入れてからは、再び水イボが出来るということはありません。

長い戦いでしたが、出来た箇所はひじ周辺と胸の周り、ひざ周辺と目立つところではなかったのが幸いでした。

顔とかに出来ちゃったら、見た目的にも取ることが多いようですが。。。

水イボがお友達の皮膚に触れたからといって、遷るものではないそうです。

プール禁止にもならなかったです。

だから、本当に不快なだけ。

長い戦いでしたが、治ってくれて良かったです。

スポンサードリンク

 - 育児